仙台市立小中学校事務研究会会則・細則

 

研究会各部活動

 

平成 29年度事業計画

 

各部の課題と方針

 

 

1.研究会

平成28年度において「創り出そう!こどもの学びを保障する学校経営事務を」〜事務処理の標準をめざして〜をテーマ,サブテーマとした研究活動が一区切りとなりました。本来であれば,本年度から新しいテーマ,サブテーマを提案し新しいスタートを切るところではありますが,「政令市権限移譲」という誰もが経験したことのない大きな変化の中での研究会活動となります。昨年度の総会時に提案し,承認をいただきましたとおり,研究大会を実施しない等,ある程度縮小しての研究会活動となる一年となります。
 
新しい研究会のテーマ,サブテーマにつきましては,本年度一年かけて調査研究部を中心に検討し,役員会において最終案を決定し来年度のスタートに向け提案していきますので,ご理解とご協力をお願いいたします。よって本年度の研究会のテーマはそのまま継続とし,サブテーマを設定しない形での活動とさせていただきます。
 
平成29年度の活動についてですが,まず主事研修は以下の理由により実施しないことといたしました。主事研修の始まりは,若い世代の会員の方々が受けてみたい研修を直接計画・運営し,同年代の横のつながりを作るということを目的に始まりました。しかしここ最近は,仙台市が実施する試験を経て採用された事務職員の方々が全体の約半分を占めるようになり「採用同期」という新たなつながりが定着したことで,横のつながりという部分においてはあえてきっかけを作らずとも関係ができるようになったこと。そして, 今回の権限移譲において補職名内の構成が今までとは全く変わったこが挙げられます。今後については,新しい補職名での研修の実施を必要に応じて臨機応変に検討していきますので皆様のご意見ご協力をよろしくお願いいたします。
 
事務研修T・Uについては例年通りの実施を計画していきます。多くの皆様の参加をお願いいたします。
研究大会については,前段で触れさせていただきましたが,権限移譲という大きな変化の中で,本年度一年間はどのような状況になるのかが全く見えない状況です。どのような状況が起きても本務に対して最優先で取り組める状況を確保するということ,各地区における「調査研究」の負担を軽減するということから実施いたしません。しかしながら, それに代わるものとして「全体研修会(仮称)」として半日での事業を計画いたします。内容につきましては,講演及び講演に関連した仙台市の施策等の行政説明等になります。また,今後の研究大会の実施につきましては研究会テーマ・サブテーマとともに研究大会の実施案を平成30年度総会時に提案をさせていただきます。しかし,今後の見通しも必要ですので,現時点での研究大会研究発表等の予定を下記に提案させていただきましたので,ご確認をお願いします。

次に,政令市学校事務職員研究協議会ですが,本年度は横浜市を主管として開催されます。権限移譲を終えて初めての定例会となります。協議内容については,移譲後の私たち事務職員の状況,待遇の変化,公的研修が中心になることと思います。また,複数の政令市研究会においては役員の大幅な若返り化が進んでいます。そのような状況になっている政令市では学校事務の共同実施が本格稼働している,あるいは,大阪市のように学校事務職員から副校長ともすれば校長となる状況になっています。仙台市においても学校間事務連携試行が続けられており,今後,この組織と事務研の役割についてどのような方向に向かうのが望ましいのか検討が必要になってきます。このことも含め他政令市の情報収集・意見交換に努めたいと思っています。

この4月,話が出てから約15年かけて「道府県費負担教職員の政令市権限移譲」が終わりました。今後,研究会としては先にも触れていますが,現在試行を実施している学校間事務連携いわゆる学校事務の共同実施の全市での開始を見据えながら,今後10年,20年先を見越して,私たちが仙台市立学校の学校事務職員としてどのような責任を担っていくのか,担っていくべきなのかを現状を理解しつつ,短期間で調査研究することが不可欠です。数年前に話題となりましたが,オックスフォード大学が発表したあと10年で「消える職業」「なくなる仕事」の中に私たち学校事務職員に関係深いところで「給与・福利厚生担当者」「税務申告代理者」「簿記,会計,監査の事務員」という項目があります。イギリスの大学での話ですから日本について内容全てが当てはまるとは思えませんが考えさせられるところです。では,「なぜなくなるのか」ということですが,「AI」,いわゆる人工知能とロボット技術の発達が前提とされています。「夢物語」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが,現実を見ていくと,車の自動運転システム,病院での診断システム,「囲碁」や「将棋」「チェス」など対戦型ボードゲームの分野,商品名になってしまいますが「ペッパー」の普及など技術の劇的な向上,普及を見ると非現実的な話ではないと想像ができるところです。

「仕事がなくなる?」という不安をあおるような話になっていますが,発想を変えると「なくなる」ということは「しなくてもいい」こと,あるいは「負担が減る」ということになります。つまり,事務処理を共同(学校間事務連携)で行う手段を使うことで,より効率化される業務が発生し,そのことにより時間に余裕が生まれる可能性が出てきます。その時,その生まれた時間を使って私たち学校事務職員が学校において,新たに何を担っていくのかという可能性を探っていく必要が出てきます。
その「何か」について示唆するものとして,現在文科省から出されている「チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について(答申)」の中に抽象的な表現ではありますが将来的な期待も含めて様々記述されています。私たちの地位の向上ということも意識しながらこの期待を意識しつつ先に触れました10年,20年先の学校事務職員というものを今まで以上に積極的に調査研究をし,私たちの可能性について研究会として発信をしていきたいと思います。
今年度も一年ご協力よろしくお願いいたします。

*平成29年度以降の研究大会発表等実施予定
 

年度 発表担当1 発表担当2 備考
29 実施しない  
30 研究テーマに関する研究討議等(研修部等)  
31 若宮地区 調査研究部  
32 青葉地区 泉地区  
33 調査研究部 太白地区 第20回研究大会
34 研究テーマに関する研究討議等(研修部等)  

2.総務部

総会,研修事業,役員会の準備及び運営を各部・各地区と連携を図りながら行ってまいります。
各事業についてのご意見・ご要望がありましたら,各地区の総務部員までお寄せください。

3.広報部

平成29年度もホームページを活用して,会員の皆さまの研究会活動や事務処理をサポートできるよう,活動していきたいと思います。
杜の風の発行も予定しておりますので,取り上げて欲しい内容がありましたら地区広報部員へお知らせください。
ホームページの内容については,より使いやすくなるよう,更新していきたいと思います。ダウンロードできるファイル提供のご協力もお願いいたします。
新しく従来の掲示板に替わるものを作成しています。ご不便をおかけして申し訳ありませんが,もう少しお待ちください。アップしましたら使用方法等C4thで会員へ連絡いたします。

※会員情報についてはC4thでお尋ねください
※掲示板   廃止
※政令指定都市掲示板  廃止

4.調査研究部

平成29年度は政令市への権限移譲が始まりました。我々事務研究会にとっても,これまで以上に今後の在り方が問われる年になると思います。そのため,会員の皆様には平成26年度の研究大会でも問いましたが,もう一度「どんな学校事務職員になりたいのか」,また,その自己実現のために「仙台市立小中学校事務研究会がどんな組織であれば良いか」について,考えていただきたいと思います。

当会は平成25年度に宮城県公立小中学校事務職員研究会から独立しましたが,現在事務研究会として目指すべき指針となるグランドデザインがありません。調査研究部では会員の皆様の願いや思いを具現化するために,今年度は研究会としてのグランドデザイン作成に着手いたします。グランドデザインがこれからの研究会活動がより有意義なものとなり,会員一人ひとりにとって,思いの拠り所となるためにも,ご意見等を伺いながら作り上げていきたいと考えておりますので,ご理解とご協力をお願いします。
 

5.研修部

平成29年度は,例年通り事務研修T,Uを開催いたします。今年度も事務研修Tでは新任層を対象とした基礎的な研修を,事務研修Uは,ニーズに応えつつ資質向上につながるような研修ができるよう,各分野よりタイムリーな講師をお迎えし,研鑽を積めればと思います。

今年度の研究大会は,学校事務全体研修会とし,研究発表は行わず講演と研修の2部構成で実施いたします。また,例年会場となっている仙台市シルバーセンターが1月より改修工事に入るため,12月開催となります。
今年度も学校間連携やチーム学校に関する情報等,研修を通じて発信していければと考えています。
 

6.情報化推進部

配布済のツールの改良・修正を進めてアップしていく予定です。
例月ツールにつきましては,市教委と業者に要望を上げ,使い勝手がより良くなるよう話しを進めていきたいと思っております。
昨年度に機能を追加出来なかった備品管理ツールにつきましては,廃棄や保管転換の手続きを簡単に進められる機能を追加していく予定です。要望等がございましたら情報化推進部まで連絡頂ければ幸いです。
 
  

 

Copyright(C)2010 仙台市小中学校事務職員研究会 All Right Reserved